So-net無料ブログ作成

晩秋の燧岳    日本百名山 その82 [日本百名山を訪ねて]

 数年前桧枝岐の御池から燧岳へ登ろうとしたが、尾瀬ケ原18.7.15 022a.jpg                                                                雨に降られ、そこから戻った。

 60才をいくつか過ぎた夏、尾瀬ヶ原を通り 下田代キャンプ場にテントを張ったが、激しい雨に降られ、燧岳をあきらめ雨の尾瀬ヶ原を引き返したり、                             なかなか燧岳に登れずにいた。 

 夏に雨でひきかえした その年の秋、

 山の会のメンバーと燧岳をめざした。                         

061021~22尾瀬ひうち大清水林道 002a.jpg

 大清水から紅葉の林道を歩き三平峠を越え、                                                    尾瀬沼に浮かぶ燧岳を眺めながら湖畔を辿り

 061021~22尾瀬ひうち 019a.jpg

061021~22尾瀬ひうち 021a.jpg

                               061021~22尾瀬ひうち 023a.jpg

下田代十字路の山小屋に泊る。

 朝早く山小屋を発ち、見晴新道へ入り樹林帯を登る、樹林の切れ間から足下に草紅葉の尾瀬ケ原が広がり、その先に至仏山の姿をみる。                 

061021~22尾瀬ケ原と至仏山 025a.jpg

 樹林を抜けると真っ青な空をバックに柴安嵓が聳える。                            山頂からは山々の大展望。俎嵓で また あかず展望を楽しむ。

燧岳H18.10.21 007a.jpg

長英新道を下り、長い樹林帯の中の路を歩き、尾瀬沼湖畔へ辿り着く。                              そろそろ冬支度の長蔵小屋で、コーヒーブレイク。

 帰りもまた紅葉にみとれ                       061021~22尾瀬ひうち 040a.jpg 

061021~22尾瀬ひうち 042.ajpg.jpg

  日が暮れかかる頃、大清水の駐車場へ。

061021~22大清水駐車場へ着く 043a.jpg

  紺碧の空の下、晩秋の尾瀬の景観にひたった。 

      平成18年10月21日~22日 燧岳 日本百名山その82

 尾瀬ヶ原から望む燧岳

20140605尾瀬 101-1a.jpg

                                                H26.6.5

 昔 夜行列車で山へ

 その昔 上野から満員の夜行列車が沼田に着くと、どっと登山者が降りた。                                          尾瀬へ向かう人たちと自分達とは違うような気がしていた・・自分達は土合で降りた。そのころ上越線でいくときは谷川岳きりなかった。

 いくつか歳をかさねた頃、尾瀬ヶ原から尾瀬沼を歩き、水の流れと水芭蕉やリュウキンカ、平滑の滝や三条の滝などの景観を見、尾瀬の姿に触れた。                                             上越線にもう一つ行くいくところが増えた。タテヤマリンドウ 尾瀬070625a.jpg

 車を使うことが多く、今はもう上越線はあまり使わないが、尾瀬ケ原は何度か歩いた、これからも尾瀬には行ってみたいところがある。

 谷川岳にはもう何年もいっていない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます