So-net無料ブログ作成

荒々しい火口群の雌阿寒岳     日本百名山 その86 [日本百名山を訪ねて]

 夏が終わろうとする頃、フェリーで苫小牧へ、

080826苫小牧に着く 011a.jpg

 日高のキャンプ場で泊る。

080826日高キャンプ場 014.ajpg.jpg

  朝起きると雨がふりだす、日高のキャンプ場を発ち 帯広や足寄を走り雌阿寒岳をめざす、阿寒が近づくとどしゃ降りの雨。阿寒湖附近の土産物屋で熊よけの鈴を買ったり、阿寒のミュージアムでマリモや巨大な熊の剥製をみたりして雨のあがるのを待つが、道路が川になるような降りが続き、その夜は雌阿寒温泉の駐車場で車に寝る。

080827雌阿寒温泉駐車場  019.ajpg.jpg

  朝雨はやんだ。 雌阿寒温泉から樹林帯の中を歩き、背の高いはい松帯を登り、岩礫の登りとなる、雲が多いながらも展望がひらけてくる、まだよく知らない北海道の山並みも雲間に浮かぶ。

080828雌阿寒岳登りからオンネトー 020.ajpg.jpg

 山頂が近づくと霧が湧く、深い火口壁が霧の中に落ち込んでいる。

 火口壁に沿って歩き、山頂に立つと霧が晴れ、荒々しい火口が姿をあらわす。

080828雌阿寒岳山頂 028a.jpg

褐色の水をたたえる火口、青い水をたたえる火口、音をたて噴煙を吐き出す火口、080828雌阿寒岳火口 024a.jpg080828阿寒富士 031a.jpg

火口原の中にも煙をあげる火口、雲の中に雄阿寒岳、

080828雌阿寒岳から雄阿寒岳a 027.jpg

 噴煙の音を聞きながら岩に腰かけ一息。ここは大地が荒い息を吐き出す火口群のその中。

 火山礫の中にメアカンフスマはまだ花をつけていたが、メアカンキンバイはもう終わっていた。メアカンフスマ080828雌阿寒岳 022a.jpg

 メアカンキンバイ080828雌阿寒岳にて 033a.jpg

 阿寒富士を眺めオンネトーへ下り、

080828オンネトー 038a.jpg

 また降り出した雨に打たれながら赤エゾ松の木立の中を歩き、雌阿寒温泉の駐車場へ戻る。

  阿寒を後に斜里をめざす。

           平成20年8月29日 雌阿寒岳 日本百名山その86

道東旅行オンネトー雌阿寒岳021004 028a.jpg
                              オンネトーと雌阿寒岳の秋 2002.10.04
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます