So-net無料ブログ作成

夏の名残りの羅臼岳   日本百名山 その88 [日本百名山を訪ねて]

 オホーツクの海に面したウトロの家並みが切れ、

 北の自然と野生動物達の住むさいはての地、知床にはいる。

080829北海道鹿 055a.jpg

 岩尾別温泉 ホテル「地の涯」の駐車場の隅に車を停める。

 木下小屋の横から樹林帯を登りはじめる、「オホーツク展望台あたりでもたびたび熊が出ますヨ」とネイチャーセンターで聞いていたので、今日は先行する人影があり心強い。

 弥三吉水で先行の人達にまじり一休み、極楽平をゆるく歩き、遅い夏の花が咲く水の涸れた沢すじを登る。

080830羅臼岳花畑 067a.jpg

 はい松に広く覆われた羅臼平に着く、雨はあがったが雲がながれ、めざす羅臼岳が見え隠れする。

080830雲の切れ間の羅臼岳 082.ajpg.jpg

 はい松の海に入り、岩清水のしずくで口をしめし、

080830羅臼岳岩清水 069a.jpg

 岩塊をぬって登り、羅臼岳の岩峰に立つ。

080830羅臼岳山頂記念写真 070.ajpg.jpg
 

 あいにく雲が山頂を覆い、さいはての山々や海を見ることはできなかったが、

080830三つ峰 080a.jpg
雲の切れ間の三ツ峰

 夏の名残りの花をみながら、

タカネトウウチソウ080830羅臼岳花畑 079a.jpg

 チシマクモマグサ080830羅臼岳 064a.jpg

イワギキョウ羅臼岳080830a.jpg

 オトギリ羅臼岳 080830.ajpg.jpg 

 知床の山を下り岩尾別温泉に戻る。

080830岩尾別露天風呂道 084a.jpg
岩尾別温泉の露天風呂

 知床は自然と動物達の領域なのだろう。斜里岳では鈴の音がたよりなかったので、すこし大きめの鈴を付け 熊スプレーもレンタル。

080830羅臼岳熊対策 083a.jpg

 帰り道 草を食む鹿を見、北の海に落ち込む切り立った崖を眺め、車を止め 振り返ってみる知床の山は雲に覆われていた。

        平成20年8月31日 羅臼岳 日本百名山その88

 以前、知床峠から羅臼岳を眺めたり、知床五湖などを歩いたことがあった。

知床峠021003 009.ajpg.jpg
知床五湖021003.ajpg.jpg
 H14.10.3

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます