So-net無料ブログ作成

山奥深い 水晶岳      日本百名山 その99 [日本百名山を訪ねて]

 暑い日が続いているとき、水晶岳を目指した。

 新穂高温泉の駐車場に車を置き、川沿いの道を歩き、わさび平の木立の中にテントを張った。

 早朝わさび平をたち、鏡平を経て弓折分岐へ、そこから花の咲く稜線を辿る。

 雲間に槍が見え隠れする。

20130807~10北ア水晶岳他 037.jpg

 お花畑の先、はるかかなたに目指す水晶岳の姿を望む。

         お花畑のむこうに水晶20130808 047-a.jpg

 双六から巻道ルートを行く。

20130807~10北ア水晶岳他 072a.jpg

 山肌に咲き乱れるお花畑、

20130807~10北ア水晶岳他 105a.jpg

 幾く筋もの雪解けの流れ。

      お花畑20130808三俣蓮華附近 086-1.jpg 

 若いとき、この山を歩いたときの感動がよみがえる。

 山々に囲まれた三俣山荘の天幕場にテントを張る。 

 何度かここにテントを張ったことがある。 冷たい雪解け水、流れの脇に咲く花、周りに聳える山々、記憶は今も消えはしないが、それからもう永い年月が過ぎた。ここへくるときは、あの頃のようにテントをはり、山の息吹に浸ってみたいと思っていたが、体力に自信がなく、何年も見送ってきた。

 今、なんとかテントをここまで担ぎあげることができた。

      三俣天幕場20130808 110-1.jpg      

 霧の朝、黒部五郎岳へ向かう友達を見送ったあと、水晶岳を目指した。

 流れに沿って咲く花々を見ながら黒部川の源流を辿る。

     黒部源流20130809 138-1.jpg

 流れから離れ、尾根道を登る。

 水晶小屋をを過ぎるとなだらかな稜線を歩く、いつしか霧もとれ、向かう水晶岳が黒い姿を見せる。

    水晶岳20130809 155-a.jpg

 北アルプスの奥深くに聳える岩峰。

20130807~10北ア水晶岳他 156.jpg

 岩稜をひと登りで水晶岳の山頂。

 今 その頂に立った。

                 水晶岳山頂20130809 162-1.jpg

 周囲を取り囲む北アルプスの山々。

20130807~10北ア水晶岳他 167a.jpg

 連なる山々の景観に圧倒されしばし見入る。 

     遠く槍ヶ岳20130809水晶より 160-1.jpg

 鷲羽岳を経て、槍ヶ岳や黒部源流の山々を望み、

    三俣蓮華岳20130809 194-a.jpg

 三俣のテントに戻り、今登ってきた水晶岳あたりをあらためてながめたりした。

     水晶岳を望む20130809 201-1.jpg

  ほどなく 黒部五郎岳をめざした友達ももどった。

  ビールが旨い。

  翌日 三俣蓮華岳から双六岳を経て、新穂高に下り、温泉で山の汗を流した。

            平成25年8月9日 水晶岳  日本百名山その99


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

Jetstream777

99ですか。 素晴らしい、私はまだ77です。 もうすぐですね。
by Jetstream777 (2013-10-02 23:43) 

FSC梓

Jetstream777さん
コメントありがとうございます。返信遅れすみません。
来年の夏に黒部五郎岳へ行きたいと思っています。
by FSC梓 (2013-11-06 20:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます