So-net無料ブログ作成

やっと晴れた後方羊蹄山    日本百名山 その90 [日本百名山を訪ねて]

 雨の幌尻岳を下りた翌日 朝から青空が広がった。

 羊蹄山へ向かう途中、思い出の支笏湖に立ち寄る。

080904支笏湖 013a.jpg

  車の前方に羊蹄山が姿を現す。

080904羊蹄山への道 115a.jpg

 羊蹄山の山麓を半周し、ニセコの畑道を景色を見ながらのんびり車を走らせる。

080904ニセコa 117.ajpg.jpg

 東から南から西からも羊蹄山を眺めた。羊蹄山はどこからみてもその雄姿を誇示していた。

080904羊蹄山 ヒラフよりa 119.ajpg.jpg

 ニセコの 羊蹄山を正面に眺める風呂で汗を流し、

 コンビニでビールと食べ物を買い込み、

 半月湖近くの比羅夫コース登山口キャンプ場の駐車場に車を停める。

080904羊蹄山キャンプ場車a 120.jpg

 陽が落ちるまでの間、何人かの方々と話をして時間をすごした。

 話してみると皆さん凄い。

 下山してきたご夫婦のかた、ご主人は今日羊蹄山を登り百名山を達成したとのこと。

 45年程を要したといっていた。「おめでとう!」と祝福。

 額平川ですれ違ったのがこのご主人と知った。横浜の方でした。                                                                                    

私は50年近くたつがまだ90山ほど、成り行き任せの百名山。

 「羊蹄山をみたら登りたくなった」 という、自転車で北海道を旅している茨城から来た若者。

 岩尾別温泉の駐車場でもみかけた熊谷ナンバーのワゴン方、私より年上か。

 夕暮れ時ビールを飲みながらの話し相手。

 北海道の山10山ほどを巡っているという、

 東松山でおこなわれるスリーデイマーチの50kmコースを歩いたりもしているという。

 青空の朝、昨日から膝が硬く張り足をひきずっていたが、やっと晴れた山登り。

 ゆるく樹林帯を辿るが、すぐ登りが急になり、2合目、3合目と標示を頼りに登る。

 見通しがよくなるがニセコ方面を雲海が覆い隠す。

080905羊蹄山雲海 134a.jpg

 八合目附近で、熊谷ナンバーの方がもう下ってきた。健脚!

 花の時期を過ぎた草原を登り、火口縁山稜へ出る。

080905羊蹄山9合目付近 125a.jpg

 火口を覗きながら

080905羊蹄山火口 132a.jpg

 砂礫のなだらかな山稜を北周りで半周し、

080905羊蹄山火口縁 127a.jpg

 岩稜の後方羊蹄山山頂に立つ。

080905羊蹄山山頂 130.ajpg.jpg

 山頂の岩にすわり、多少雲がかかってはいたが、

 名も知らぬ北海道の山や広がる里を見下ろし眺める。

080905羊蹄山山頂 133.ajpg.jpg

 山頂から岩稜の火口縁を南周りで辿り、火口縁山稜を一周し比羅夫コースに戻る。

 足も何とか動いてくれた。 

 朝 挨拶を交わした横浜ナンバーの白いセダンの方と途中で会い一緒に下り、駐車場に戻る。

 しばし雑談し山を登り終えた余韻のひと時をすごす。

          平成20年9月5日 後方羊蹄山 日本百名山その90

  五山を訪ねた北海道の山旅が終わった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます